週刊OSM 442

2019/01/01-2019/01/07

Logo

重複したポリゴンをクリッピングするためのJOSMプラグイン 1 | © KiaaTiX, JOSM © Map data OpenStreetMap contributors

マッピング

  • 例えばオブジェクトに次のように極度に長いタグが含まれていても、問題解決のためにメーリングリストに投稿する場合に「ツールを使ったばか」というタイトルを付けるのは適切ではありません:
  • 境界紛争はデリケートな問題です。John Paris氏はこういった紛争のある境界をマッピングに関する提案のバージョン1.6を紹介し、フィードバックを求めています。
  • Konrad Lischka氏が、慈善団体が運営するamenity=kindergarten(幼稚園)にoperator:type=charitableorganisation=をつけることを提案しました。
  • 公共交通機関停留所での運行間隔をタグ付けするinterval=が年末に承認されました。次のステップとしてLeif Rasmussen氏は、出発時間をタグ付けするdepartures=タグを提案しました。
  • オールデンバーグ市(米国)では交通案内板の多くがドイツ語表記されています。Minh Nguyen氏は現地でのマッピングについてブログ記事を書きました
  • 日本国内向での陸上交通で使われる通行制限に関するタグ付け提案が投票により承認されました。
  • 13などの特定の数字を忌避する文化があり、そういった文化のある地域ではビルの階表示からこれらの数字を省いていることもあります。マッパーの「This Is A Display Name Desu」氏は建物の階層をタグ付けする時にどうすればよいか尋ねています。

コミュニティ

  • タイのOSMコミュニティの代表がGrabのマッピングチームリーダーと協議の場を持つ予定です。Grabが引き起こしている編集の品質問題について話し合われます。この協議のセッティングを手伝うMishari Muqbil氏は協議の中でどういったトピックを取り上げるべきか広くコミュニティから意見を募集しています。
  • John Whelan氏が自治体の職員から「OpenStreetMapの使い方は?」と質問されました。あなたならどう答えるでしょうか? 彼のメールに対するレスポンスにも様々な答えがあります。
  • place=タグを人口基準で使い分けることについてトルクメニスタンで議論が起きました。集落の重要度を人口基準で決めているような西欧の国とは状況が異なる国は多くあります。Joseph Eisenberg氏はインドネシアでのplaceタグの使い分け指針について説明しています。Kevin Kenny氏は米国で同様の議論があったことを紹介しています。
  • 地図職人David Garcia氏がOSM編集を続ける理由をブログに書いています。彼がOSMの編集をするきっかけは2013年のHaiyan(日本では平成25年台風30号)での人道マッピングでした。

OpenStreetMap Foundation

  • OSM運営チームもツイートしていますが、AssoGrifon(フランス)とiwayAG(スイス)からタイル画像のCDNサーバーが提供され、稼働中です。重ねてサーバーのご提供に感謝します。
  • ドイツの中小企業向け検索エンジン開発会社auskunft.deがOSMFのブロンズ企業会員になりました。

イベント

  • 6/24~26にバーゼル/ムッテンツ(スイス)で第4回GeoPythonカンファレンスが開催されます。カンファレンスでは一般的なPythonに関する事、地理空間ウェブサービスや地理データの可視化、屋内マッピングからモデリングまで様々なトピックが扱われます。

教育

  • Yongyang Xuら(中国地質大学(武漢))がOSMデータを使った道路ネットワークの解析に関する論文を発表しました。OSM道路データは非常に詳細であるが複雑であり、データが重複しているものも多くあるため、多レーン道路の抽出が非常に難しいと述べられています。研究チームは機械学習により多レーン道路の抽出をおこなう計画です。なお論文は有料のため詳細は不明です。そのため実際に道路データが重複しているのか、研究者がOSMデータを誤解しているのか、実際のところはわかりません。

地図

  • Scott Davies氏はOSM、QGIS、Inkscapeを使って作ったウォルサムストーの開発年代地図を作ったことをツイートしています。
  • Paul Norman氏はあらかじめレンダリングされた低ズームレベル用のOSM地図タイルを用意し、ダウンロードできるようにしました。ズームレベル0~6、8~10の地図タイル画像ファイルになっているためウェブサーバーを用意するだけでタイルを利用できます。
  • Juminet氏がアルデンヌ地方(フランス)のOSM地図を作成しました。橋や教会のアイコンを正しい角度で表示するように工夫されています。また、クリスマスツリーに使われるもみの木の植林畑を特別にレンダリングしています。
  • ドイツの通り名に関する研究記事が”情報は美しい”賞を受賞しました。
  • フランスのジュラ県にはクロスカントリースキーのコースがたくさんありますが、OSMにはほとんどマッピングされていないことをOpenSnowMapが明らかにしました

ソフトウェア

  • [1] オランダのマッパーKiaaTiX氏がポリゴンで別のポリゴンをクリッピングするJOSMプラグインPolygonCutOut作成(nl)しました。 (自動翻訳)

リリース

  • iDエディタのバージョン2.12.2が公開されました。「フィールドを追加」ドロップダウンを制御するプリセットが追加されました。他にも使いやすさの向上やバグ修正など多数の改善項目があります。

ご存知でしたか?

  • 印刷用の地図を作れるget-map.org
  • uMapのサーバを自分でたててみませんか?フォーラムで質問があり、ubuntuでuMapサーバをたてる解説書が紹介されました。
  • オーストリアの建物マッピング率は85%を超えています。2016年と比較して21%向上しました。マッピング率が低い自治体でも50%を超えています
  • Geofabrikのタイル計算ツールでは指定した矩形の中を地図タイルにした場合のタイルファイル数とデータサイズを計算します。

その他の “ジオ” な事柄

  • 国土開発は国の地形に依存するという考えは古くから存在します。しかし、Lionel Page氏は、フィンランドとロシアの国境付近の道路開発状況を示し、この考えに反論しました。この付近では、地形はほとんど同じであるにもかかわらず、道路開発状況は大きく異なっているのです。一例だけでは反論として十分ではないとの異見も出ましたが、北朝鮮/韓国、オーストリア/チェコ、米国/メキシコでも同様の状況であることが例示されました。
  • ビジネスコンサルタント会社Frost & Sullivanは、2019 Platform of the YearにMapbox社のマッピング・ライブロケーションプラットフォームを選出しました。
  • 地図サービス会社HEREは、ライドシェアアプリSoMo発表しました。このアプリでは、公共交通機関と個人で所有する自動車での移動をまとめて取り扱うことができ、個人間のライドシェアに社会的機能を持たせることを狙っています。

まもなく開催

場所 名称 開催日
ドレスデン Stammtisch Dresden 2019-01-10 germany
ベルリン 127. Berlin-Brandenburg Stammtisch 2019-01-10 germany
ナント Réunion mensuelle 2019-01-10 france
チューリッヒ OSM Stammtisch Zurich 2019-01-11 switzerland
レンヌ Réunion mensuelle 2019-01-14 france
ロンドン Missing Maps January London mid-month mapping party/working group 2019-01-15 uk
トゥールーズ Rencontre mensuelle 2019-01-16 france
カールスルーエ Stammtisch 2019-01-16 germany
ザルツブルク Maptime – Stammtisch 2019-01-16 austria
Mumble Creek OpenStreetMap Foundation public board meeting 2019-01-17 everywhere
フライベルク Stammtisch Freiberg 2019-01-17 germany
レオーベン Stammtisch Obersteiermark 2019-01-17 austria
Reutti Stammtisch Ulmer Alb 2019-01-22 germany
ノッティンガム Nottingham 2019-01-22 england
ケルン Köln Stammtisch 2019-01-23 germany
リューベック Lübecker Mappertreffen 2019-01-24 germany
マンハイム Mannheimer Mapathons e.V. 2019-01-24 germany
Greater Vancouver area Metrotown mappy Hour 2019-01-25 canada
ブレーメン Bremer Mappertreffen 2019-01-28 germany
アルロン Réunion au Pays d’Arlon 2019-02-04 belgium
ロンドン Missing Maps Monthly Mapathon London 2019-02-05 uk
トゥールーズ Rencontre mensuelle 2019-02-06 france
シュトゥットガルト Stuttgarter Stammtisch 2019-02-06 germany
ドレスデン Stammtisch Dresden 2019-02-07 germany
ベルリン 128. Berlin-Brandenburg Stammtisch 2019-02-08 germany
ウルム ÖPNV-Mapathon Ulm 2019-02-09 germany
ドレスデン FOSSGIS 2019 2019-03-13-2019-03-16 germany
モンペリエ State of the Map France 2019 2019-06-14-2019-06-16 france
ハイデルベルク HOT Summit 2019 2019-09-19-2019-09-20 germany
ハイデルベルク State of the Map 2019 (international conference) 2019-09-21-2019-09-23 germany
グラン・バッサム State of the Map Africa 2019 2019-11-22-2019-11-24 ivory coast

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Polyglot, Rogehm, SK53, SunCobalt, derFred, k_zoar, muramototomoya.

週刊OSM 441

 

2018/12/25-2018/12/31

Logo

OSMのプロモーション用リーフレット 1 | © alexkemp, Andy Allan

[Actual Category]

マッピング

  • OSMアイルランドはアイルランドのマッパーに向けて年末年始に行うマッピング作業を提案しました。アイルランドで最も小さな行政区画の単位「Townland」ごとに全ての道路、水路、建物をマッピングしようという内容です。何人かのマッパーCiaran氏、Earl氏、Tshedy氏など)がマッピングを行いましたがTownlandは6万を超える数があるため、数年にまたがって取り組まれるプロジェクトになるかもしれません。
  • Simon Poole氏(スイス)、Christian Quest氏(フランス)、sebastic氏(オランダ)らが合併の行われた市町村の行政界を更新するために元日の編集を行いました。ベルギーでは通りの名前の変更も必要になり、その準備はコミュニティによって6月から行われていました。
  • Daniele Santini氏がtop_up=*タグを提案しました。これはプリペイドサービスのチャージに対応しているのかを示すもので、プリペイド携帯電話、WiFi料金、交通ICカード、プリペイドカードなどへの適用が想定されています。
  • Markus氏が半島をタグ付けするplace=peninsula を提案しました。なおメーリングリストの議論では、natural=peninsulaのほうが良いと考える人が多いのですが、このタグは2008年に否決されています。また、半島の最大サイズや、岬と半島の違いなどについても議論されています。
  • Hufkratzer氏がbuilding=pavilionタグの定義に疑問を呈しました。OSM wikiではスポーツ施設用建物と定義されているのですが、Wikipediaでは離れの建物と説明されています。しかし、OSMではイギリス英語が正式言語であるため、現在の定義が正しいのです。なお、他の国では違う意味にとらえられてしまうような単語を選んでしまってよいのかについては、疑問が残ったままです。
  • eteb3氏が、最近英国で流行っているプランター(箱状の大型植木鉢)一体型自転車ラックのタグ付けについて相談しました。フォーラムでは、新しいタグの提案方法などについても議論され、結果としてman_made=planterが文書化されました。
  • Axelos氏が自転車ルートリレーションの階層化を提案しました。すると、道路で同様のコンセプトで物議を醸しがちなsuper-routessuper-relationsがすでにあることが提示されました。

コミュニティ

  • コーリコード市(インド)でボランティア団体がOSMでデジタル地図作成に精力的に取り組んでいることが The Time of India 紙で紹介されました。
  • Redditユーザーのtseepra氏はアイルランドで2018年にマッピングされた7万のノード、6万のウェイ、16万のポリゴンを視覚化したアニメーションを作成しました。RedditのスレッドではこのアニメーションをQGISを使ってどのように作成したのか議論されています。
  • 現在Peter Elderson氏が非常に大きな路線リレーションを分割する作業に取り組んでいます。分割によって大きなリレーションを1日で歩ききれる長さに分割して実用的なものにするつもりです。さらに彼は分割後のリレーションをOSMのライブクエリを使ってソート可能なテーブルを持ったWikiページにする手助けをしてくれる人を探しています。
  • ベルギーコミュニティはブラジルのGIS開発者でOSMの変更セット分析サービスOSMChaの開発者でもあるWille Marcel氏を「今月のマッパー」に選びました。彼は2010年に開催されたオープンソースソフトウェアのカンファレンスでOSMに出会ったそうです。
  • Simon Poole氏が2018年の情報で編集活動統計を更新しました
  • 2018/12/17~23にベルギーコミュニティがチャットで行ったやりとりをCouwelierTim氏がまとめました。

インポート

  • omgitsgela氏はマサチューセッツ州全域で計画されている住所データのインポートプロジェクトに対するフィードバックを求めています。インポートされるデータは住所を含む公共データベース、MassGISで、インポートプロジェクトの内容はWikiページに記録されています。

OpenStreetMap Foundation

イベント

  • オープンナレッジとオープンデータのカンファレンスOpen Belgium 2019のウェブサイトが公開されました。カンファレンスが3/4にブリュッセルで開催されます。

OSM人道支援

  • HOTは2018年に行われたウェビナーの動画を公開しました。1月に予定されているウェビナーの紹介もされています。
  • HOT社がタスキングマネージャーに組み込む新しい機能の案を募集中です。機械学習を使ってバリデーションやデータ重複チェックなどができるようにする計画です。

教育

地図

  • 国境なき医師団の疫学者Larissa Vernier氏が仕事でR for Epis (R4Epis)を使っている理由を説明しています。その理由の一つが空間分析機能で、彼女はこの機能を使って病気がどれくらいの早さで広まっていくか、それを止めるためにどのような対策を立てる必要があるかを検討しています。
  • Mapboxは年間を通して様々な地図を見てきています。2018年の中で彼らの印象に残った18の地図をブログで紹介しています。
  • alexkemp氏はAndy Allan氏からもらったOSMのリーフレットを全て配り終えました。彼はGitHubにホストされているリーフレットデータを地元の印刷所で印刷しようとしましたが必要なフォントの入手に手間取りました。彼はフォントを手に入れるまでの過程をユーザー日記で説明しています。
  • osm-baustekke.deのmaposmaticインスタンスでは貸し農園の農園区画(allotments=plot)をオーバーレイ表示できるようになりました

オープンデータ

ソフトウェア

  • Florian Schäfer氏は標準的な言語の国際化ファイル形式(*.mo)とJOSMで使われている言語用ファイル(*.lang)を変換できる新しいコマンドラインツールlangconvを作成しました。このツールはgradle-josm-pluginに含まれる形で提供されます。
  • OsmAndチームは昨年1年で追加した機能や改善点、2019年に追加予定の機能や改善点を紹介しています。

リリース

  • JOSMの新しい安定版がリリースされました。バージョン18.12ではメモリリークの修正や古くなった画像プロバイダー情報の更新、その他多くの修正や改良が含まれています。しかし日本語版では他国語版の翻訳データが混入してしまっているため、以前のバージョンで問題が無い場合更新を見合わせた方が良いかもしれません。現在この問題を解決するためのチケットが作成され、議論が行われています。

その他の “ジオ” な事柄

  • UnoSatはインドネシアのランプン州を襲った津波の浸水地域を図化しました。

まもなく開催

場所 名称 開催日
リヨン Rencontre mensuelle pour tous 2019-01-08 france
ミュンヘン Münchner Stammtisch 2019-01-08 germany
ドレスデン Stammtisch Dresden 2019-01-10 germany
ベルリン 127. Berlin-Brandenburg Stammtisch 2019-01-10 germany
ナント Réunion mensuelle 2019-01-10 france
レンヌ Réunion mensuelle 2019-01-14 france
トゥールーズ Rencontre mensuelle 2019-01-16 france
カールスルーエ Stammtisch 2019-01-16 germany
ザルツブルク Maptime – Stammtisch 2019-01-16 austria
フライベルク Stammtisch Freiberg 2019-01-17 germany
レオーベン Stammtisch Obersteiermark 2019-01-17 austria
Reutti Stammtisch Ulmer Alb 2019-01-22 germany
リューベック Lübecker Mappertreffen 2019-01-24 germany
Greater Vancouver area Metrotown mappy Hour 2019-01-25 canada
ブレーメン Bremer Mappertreffen 2019-01-28 germany
アルロン Réunion au Pays d’Arlon 2019-02-04 belgium
ドレスデン FOSSGIS 2019 2019-03-13-2019-03-16 germany
モンペリエ State of the Map France 2019 2019-06-14-2019-06-16 france
ハイデルベルク HOT Summit 2019 2019-09-19-2019-09-20 germany
ハイデルベルク State of the Map 2019 (international conference) 2019-09-21-2019-09-23 germany
グラン・バッサム State of the Map Africa 2019 2019-11-22-2019-11-24 ivory coast

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Rogehm, SK53, SunCobalt, derFred, k_zoar, muramototomoya.